妊活スタートして半年でやってみたこと

夫がいますぐにでも子どもが欲しいと言い出したので、まずは一般的に妊活の第一歩といわれる基礎体温を測り始めました。

排卵のタイミングを見ようと思っていたのですが、5周期続けても体温グラフは36.5℃以下の低めのままでした。

その間に食生活も見直そうと思いお菓子をやめたり、夕食のメインを魚料理にする回数を増やしたり緑黄色野菜をよく使うようにして、糖質低めビタミンミネラル多めの食事になるように心がけました。

食生活が良くなったことでお肌の調子がよくなり、風邪などで体調を崩すことが明らかに減りました。

不妊相談

不妊サプリメントLABO
ただ、パンを良く食べるのでそこで糖質を多く摂取してしまっているのだと思い、運動で解消するべく自転車での買い物をしていたのを徒歩で行ったり体幹トレーニングを始めます。

からだ全体的に筋力がついて妊娠しても、それに耐えられて分娩時にも活かせると思って続けています。
これだけ頑張ってみましたが、まだ病院で検査したり相談したことがなかったので、引越しして環境が変わったせいか生理が遅れていたので見てもらうことにしました。

あわよくば妊娠してるかもと思っていましたが、結果は多嚢胞性卵巣症候群でした。
排卵していなかった事実が分かったので、これからどう治療していくべきか何を変えていったら良いかを、医師に相談したり夫婦で改めて話し合うきっかけになったのでよかったと思います。

病気であることはショックでしたが、原因が分かったことでこれからいろいろと出来ることがあるんだと思うことで前向きに妊活に取り組めるようになりました。