カテゴリー別アーカイブ: ストレス解消法

産前産後にストレスが蓄積する原因と主たる解消方法

産前産後のタイミングでは、多くの女性はストレスを抱えてしまっています。
ちなみにそれは、マタニティーブルー等と表現される事もあるのです。
原因は複数ありますが、どちらにしてもお腹の赤ちゃんに対してはあまり良い影響がありません。何らかの手段を用いて、やはり解決する事が望ましいでしょう。

出産前にストレスが生じてしまう理由は、それこそ色々考えられますが、大抵は環境に関する変化の問題です。少なくとも出産という状況は、今までと大きく変わる事だけは間違いないでしょう。

それで人間は、環境が変わればメンタル面も変化する訳です。そもそも出産しますと、周囲の方々による反応も大きく変わってきます。お腹が大きくなった姿を目撃されると、知人の方々から色々と励ましの声を聞く事もあるでしょう。
それは良いのですが、女性によってはそれで大きな精神的変化が生じる訳です。明らかに出産前とは反応も違うわけですから、目に見えないプレッシャーを感じてしまうこともあります。

それと、やはり将来に関する不安感です。今までに無いプレッシャーを感じてしまえば、今後の事柄に関して色々と心配事も生じるようになるでしょう。
それに伴って、無意識の内にストレスを抱えるしまう事は多々あります。
それでイライラ感が募ってしまう妊婦の方々も、決して少なくありません。
また産後にも、また色々なストレスが生じてしまう傾向があります。なかなか子供が泣きやんでくれないので、精神的重荷を感じてしまう方々も多いです。
極度の寝不足で、またストレスが高まってしまう事はあるでしょう。

結局は、出産時には様々な要因によってストレスも蓄積しやすくなる訳です。
当然それは、お腹の赤ちゃんに対してはあまり良い影響がありません。もちろん育児にも悪影響を及ぼすでしょう。
解決策としては、あまり1人で悩まない事です。ご主人や知人の方々に、自分の気持ちを素直に話してみる方が良いでしょう。やはり打ち明け話をしてみるだけで、随分と精神的な重荷も変化する傾向があります。
それと自分なりの趣味は、それなりに重要なポイントになるでしょう。

人によっては趣味に没頭する事で、随分と精神的な負担が軽減される傾向があります。音楽が趣味なら、ちょっと育児の間にそれを聞いてみるのも良いでしょう。
状況によっては、ゲームなども一法と言えます。
また運動も、やはり軽視できないポイントになります。適度に体を動かす事は、それなりにストレスを発散できる事も多いからです。ただしあまり体を動かしすぎてしまえば、逆に多くのストレスが溜まるケースも見られます。運動を行うにしても、適度なレベルにとどめる方が良いでしょう。

ちなみにストレス発散は、何も産前産後時だけではありません。普段の日常生活でも、何らかの方法で発散させる事は大切と言えます。
ストレスをゼロにする事は難しくても、それを減らすよう自分なりに工夫すると良いでしょう。

以上をまとめると、結局は出産では普段よりもストレスが溜まりやすい訳です。上記でも触れた通り、やはり趣味などでそれを軽減する姿勢が望ましいと思われます。