タグ別アーカイブ: 妊娠線

妊娠線を防ぐ為に必要なこと

現在妊娠をしている、していないは関係無く「妊娠線」という言葉を耳にしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。今回は妊娠線について詳しくお話させていただきます。

まず、妊娠をすると様々な体型の変化が出てきます。その変化は人それぞれですが、妊婦さんの多くは赤ちゃんの成長とともにお腹が膨らんできます。その他にも、胸が妊娠前よりも大きくなったという方や、お尻が大きくなったという方もいます。

その急激な体型の変化に皮膚がついて行けず、肉割れのようになってしまった状態が「妊娠線」ができてしまった状態です。これは皮膚の下にある真皮という組織が、身体の急激な膨らみ方に追いつけずに断裂して出来ます。

この妊娠線の出来方も人それぞれで、「私は全くできなかったよ!」という方もいるんですよね。下腹に一本だけできたという方もいれば、お腹全体に沢山できてしまったという方もいます。

この妊娠線は一度できてしまうとやっかいで、始めは短い線だったのに、お腹が大きくなるにつれてひび割れのように大きな妊娠線になる場合があります。そして、一度できてしまった妊娠線は産後に目立たなくなることはあっても、完全に消えることはないのです。なので「できてしまう前に」妊娠線を予防しましょう♪

妊娠をするとホルモンバランスが妊娠前と変わり、肌全体が乾燥しやすくなったり、荒れやすくなったりします。この乾燥が妊娠線を出来やすくすると言っても過言ではありません。とにかく保湿、保湿、保湿!を心がけて潤っている状態を作ってあげると妊娠線予防にとても有効です。

保湿の方法としては、クリーム・ジェル・オイルなど様々な種類があります。妊娠線予防にとってケアをすることはとても大切なことなのですが、それがママにとってストレスになってはいけません。
例えば、「妊娠線予防にいいと書いてあるオイルを塗ったけどなんだかベタベタして気持ち悪い」や「クリームを使っているけど匂いが苦手」など。ボディケアと同じで妊娠線予防も至福の時間になるように、ママご自身が使い心地のいい物を選ぶことが長く続けるためにも大切なことだと思います。

妊娠線の為に新しくケア用品を買うのもなぁという方は、毎日のスキンケアの延長として、化粧水や乳液を予防したい部分に塗ってあげるだけでも違いますよ。

で、いつから妊娠線予防を始めたらいいの?と疑問に思う方がいらっしゃると思います。私は体型に変化が出てくる妊娠5ヶ月あたりからで十分だと考えます。
そのころになると多くの妊婦さんがつわりも落ち着いているころで、匂いに敏感だった妊娠初期よりもケア用品を使いやすいでしょう。もちろん妊娠初期から予防してもいいと思います♪妊娠初期は特にお肌もナーバスな状態になっているので、痒みや荒れが出た時は一度使用をやめて様子を見てみてくださいね。

最後になりますが、妊娠線を作りたくない方は「予防」がとても大切です。私みたいに、妊娠8ヶ月まで妊娠線もできなかったのに最後の最後で「ケアしておくべきだった…」と後悔をされないようにして下さいね!